コラム

Home / Archive by category "コラム" (Page 2)
日本車・外車の比較:買うならどっちがいい?

日本車・外車の比較:買うならどっちがいい?

どんな記事?

◎外車のメリット

・中古車として売る場合、車種によっても異なるが比較的高価格で売れる

・剛性があり、万が一事故を起こした場合でも被害を小さく抑えらる可能性がある

◎日本車のメリット

・自動ブレーキシステムが普及して安全性が高い。また、アフターサービスも手厚い

・燃費性能が全体的に高く、ガソリン車やディーゼル車も機能的に高いレベルにある

 

 

(内容)

自動車の購入は大きな買い物でなので、”どのメーカーのどの車を選ぶべきか?”入念に考えることになりますが、大きな括りとして日本車と外車を比較した場合にどっちがよいのでしょうか?

 

〇外車のメリット

まず外車のメリットについては、リセールバリュー・剛性・見栄えなどの3点が挙げられます。

 

リセールバリューとは、車を乗り換える際に中古車として売却する価格のことを指します。当然、車を長く使用すると、車の価値を下がり、中古として売却するときには大きく価値が下がります。

 

このリセールバリューについて、日本の車と比べた場合車種により異なりますが、高価格を維持しているケースがあるので、資産として価値を落とさず所有し続けることができます。

 

次に剛性についてです。海外の車の場合はボディーに厚みがあるので、万が一事故を起こした場合でも被害を小さく抑えらる可能性があります。

 

最後に見栄えについてですが、やはり日本の車と比較した場合、高級感・華やかさがあるので、このあたりもまたメリットとして大きくなるのです。

 

 

〇日本車のメリット

主に安全性・燃費性能・アフターサービスなどの3点が挙げられます。

 

まず安全性についてですが、これは車両の性能が高く安定して運転できることが挙げられます。、それだけでなく日本人の身体や日本の街並みに合わせて車体が作られていることに重要なポイントがあります。

 

さらには自動ブレーキシステムが普及していることも安全性向上に大きく寄与しており、このあたりは外車と比べるともっとも大きなメリットになります。

 

次に燃費性能についてですが、ハイブリッドカー(HV)のラインアップが豊富な上に電気自動車(EV)もすでに登場し、またガソリン車やディーゼル車も機能的に高いレベルにあり、欧州車の不正発覚後は世界的に見直されています。

 

またアフターサービスについても国内に拠点数が多く、外車と比較するとメンテナンスや修理のコストも低いというメリットも挙げられます。

 

人によって好みが分かれますが、主に外車の特徴は”見栄え”、日本車の特徴は”機能性”が挙げられます。

 

0702

車?電車?どっちがいい?交通手段

車?電車?どっちがいい?交通手段

どんな記事?

・地方は、車がないと生活できないところが多く、駐車場の料金が安い

・旅行でローカル線を利用する場合、移り行く景色をのんびりと眺めて旅路を楽しめる

・都会の電車は、トラブルがない限り時間通りに動き、予定を立てやすい

・都会で車出勤すると、満員電車を避けることができる

 

 

(内容)

”交通手段は車か電車、どちらがいいのか?”ということは、やはり地域によって事情は大きく異なってきます。

今回は、車・電車について地方と都会とでそれぞれ見ていきます。

 

〇地方

車の方が概して交通手段として、有利な場合が多いようです。

理由として、都会のように公共交通機関が網羅されていない場合があり、車がないと生活できない地方が多く存在します。また駐車場の値段も都会よりも安い傾向にあり、安く車を維持しやすいことが挙げられます。

車か電車かの好みはありますが、結局のところ自身のライフスタイルに関わってくる部分が大きいでしょう。1家族で複数台車を所有していることもあります。また、ここでは話題にあまり挙げませんが、交通手段として自転車が重宝されることも多いようです。

また別の視点から見てみてみます。旅行でローカル線を利用する場合には、移り行く景色をのんびりと眺めて旅路を楽しむことができます。人気があるローカル線として、釧網本線・只見線・五能線・大井川鐡道・会津鉄道があります。桜が咲いている季節や雪景色などがとてもきれいな景観があるので、お休みの日に出かけてみてはいかがでしょうか?

 

 

〇都会

地方と異なり、電車も利便性が高い場合が多いです。

もちろん都会でも車は多いですが、その維持費は地方よりも高くなります。公共交通機関が発達しており、中心部に住んでいる人は電車の方が移動が便利でしょう。都会だと、駐車料金が高い上に、場所を探す手間がかかります。

また車を持つと、駐車場代がかかり、ガソリン代、税金、それに車検が2年に1回あるので、かなりの出費になってしまいます。都会近くに住んでいて電車が使えるところなら、本当に車は必要か検討してみるのもいいかもしれません。

 

 それほど費用がかかる車ですが、都会に住んでいる方も多く車を持っている理由は、自由さが大きなメリットになっているからです。電車は時間が決まっており、自由度はほとんどありません。逆に時間が決まっているからこそ、予定が立てやすいというメリットもあります。都会は車の渋滞が多く、到着時刻が大幅に変わる可能性があります。

 

また、ラッシュ時の満員電車に乗らなくて済みます。あるイギリスの心理学者は「通勤ラッシュ時の満員電車に乗った際のストレスは、臨戦態勢に入った戦闘機のパイロットや機動隊の隊員よりも高く、ジェットコースターが落下する寸前の2倍以上と試算される」という研究結果を発表しています。仕事をする前に、心理的・身体的に疲れを減らすことができます。

 

 

現代は車社会ですが、都会では利便性で言えば電車であり、通勤通学には欠かせない交通手段です。しかし、休日や都会の真ん中で仕事をしていない人は車の自由さと利便性が重要になるかもしれません。

 

総合的に考えると、地方に住む方は車がないと不便なことが多いでしょう。逆に都会に住んでいる方は、電車、車の両方が使えるので、自分の都合や好みによって選べます。

 

0402 

 

世界のおもしろい税金

世界のおもしろい税金

どんな記事?

・ある特定のエリアに車で進入すると税金を課せられる渋滞税

・日曜日に営業するには税金を支払わなければならない営業税

・少子化対策として独身者に税金を課す独身税

・大卒者は税金を支払わなければならない学位税

 

 

(内容)

今年の4月に消費税率が5%から8%に引き上げられました。さらに、延期されましたが10%に引き上げられることも決まっており、たびたび話題になる消費税。他にも所得税や贈与税などたくさんの税金制度がありますが、世界にはおもしろい税金制度がたくさんあります。今回は世界の不思議な税金について紹介します。

 

〇渋滞税(イギリス・ロンドン)

交通渋滞を緩和するためにイギリスのロンドンで2003年から導入された渋滞税。平日の午前7時~午後6時の間にロンドンの特定のエリアに自動車を進入すると8ポンド(約1000円)支払うというものです。ロンドン市内の渋滞は、自動車の速度がビクトリア朝のころの馬車と変わらないといわれるほどでしたが、渋滞税を導入したことにより、渋滞が30%緩和されたそうです。

 

〇営業税(ドイツ)

ドイツには「閉店法」という法律があります。飲食店以外のお店は日曜日に営業してはならないという法律です。そのため、ドイツでは営業税を支払わなければ日曜日に営業することはできません。最近では緩和されつつあり、コンビニエンスストアなどの出店も許可されるようになってきたようです。ただし、24時間営業は許可されていません。

 

〇独身税(ブルガリア)

文字通り、独身者に税を課すという制度です。この制度が実際に導入されていたのは1968~1989年です。このころのブルガリアでは少子化が進んでおり、その対策として導入されました。負担はなんと収入の5~10%というかなり大きな金額です。しかし、導入前は2.18%だった出生率が導入後は1.86%に下がり失策に終わりました。

 

〇学位税(オーストラリア)

オーストラリアでは、学歴に対して税金が課せられます。大学卒業以上であれば、原則としてこの税金を支払わなければなりません。オーストラリアのほどんどの大学は国立大学であり、学費は無料です。その代わりに、卒業後に一定の収入があれば、3~6%程度の税金を納めるという後払いのシステムになっています。日本の大学進学率は50%を超えていますが、オーストラリアの大学進学率は高くなく、大卒者はエリートとして扱われ、収入の多い職業に就けることが多いようです。

 

〇ポテトチップス税(ハンガリー)

2011年9月に肥満防止の対策としてハンガリーで導入されました。ポテトチップスだけでなく、スナック菓子や清涼飲料水、ケーキ、ビスケットなども課税の対象となりました。ポテトチップス1キロで約80円課税されました。

 

いかがでしたか?このように世界には変わったおもしろい税金がたくさん存在します。今後日本でもかわった税金が導入されるかもしれませんね。

 

 

 

固定資産の交換特例って?

固定資産の交換特例って?

どんな記事?

・固定資産の交換は、土地や建物など同じタイプの不動産を交換する際に適用される

・交換する二つの不動産の価格が一緒であれば、課税対象外になる

・二つの不動産に価格差があると、その差分が課税対象になる

・節税対策の手段の一つになり得る

 

 

(内容)

不動産の売買の際は大きな額のお金が動くため、上手に取引をしないと多額の税金がかかってしまい、不動産取引から得られた利益の多くを失ってしまう可能性があります。そのため、より利益を得られるように、節税対策としてどのようなことができるかを知っておくことは大切です。その一つの方法が、税法上の固定資産の交換の特例を活用することです。

この固定資産の交換とは、土地や建物など同じタイプの不動産を第三者と交換する際に適用されるルールです。交換する二つの不動産の価格が一緒であれば、譲渡や受け取りが税務上なかったとみなされて、課税の対象から外れるというものです。このルールは、土地の全部の交換はもちろんのこと、土地の一部だけを交換する際にも当てはまります。また、不動産は1年以上の所有、交換を前提として取得していないことも満たす必要があります。不動産の交換は、取引相手の利益とこちらの利益が合致することによってなされるもので、意外と不動産取引の際には多く見られる手法です。特に、節税対策の一つの手段としてこの方法が採られることになります。

この固定資産の交換の特例では、同じ価格の不動産同士を交換した場合に適用されるもので、二つの不動産の間に価格差が生じる場合には、課税対象となります。とはいっても、不動産の評価額すべてが課税対象となるわけではなく、その価格差の部分のみに課税されることになります。つまり、この交換の際に相手から交換差金を受け取ると、譲渡所得として所得税がかかってきます。そのため、たとえ同じ価格の不動産でなくても、節税対策という観点から見れば交換という形で取引を行った方が、課税対象となる部分が少なくなって有利となります。


このように、不動産に関係する節税対策はいくつもの手段があります。こうしたルールを上手に適用するためには、税法を始めとする法令をよく理解することが重要となります。不動産を投資の一つの手段とみている方も、単に持っている不動産を売り払ったり新たに買いとったりしたいという時には、しっかりと関係する法律や独自のルールを調べておくと良いでしょう。取引額が大きいだけに、節税効果も高くなります。

 

フリマの売り上げって課税対象なの?

フリマの売り上げって課税対象なの?

どんな記事?

・仕事をしていて、給与所得以外の収入が20万円以下であれば、確定申告をする必要がない

・仕事をしていない場合、収入が38万円以下であれば、確定申告をする必要がない

・日常生活に必要と判断される物品全般の販売は、課税対象外

・販売する物品が多いなど営利目的の場合、課税対象になることがある

 

 

(内容)

家で不要になったものを売りたい時、多くの人がフリーマーケットを利用しています。大抵の場合、手数料として1500円程度を支払って出店し、要らなくなったおもちゃや洋服などさまざまなアイテムを販売します。中には一日で数千円から数万円を売り上げる人もいるとのことです。こうした売り上げは税法上「雑収入」もしくは「譲渡所得」として分類されるため、基本的には課税の対象となります。ただし以下に取り上げる2つのケースに該当する場合には確定申告を行う必要はありません。

 

1つ目は利益額が非常に少ない場合です。利益額とは、売上金額から必要経費などを差し引いた金額を指しています。会社員として働いている人の場合、給与所得以外での収入が年間20万円を超えた場合、確定申告を行うことが必要となります。一方、仕事を持っていないケースでは、基礎控除額である38万円を超えた場合にやはり確定申告を行うことが求められます。したがって、フリーマーケットにおける年間の売り上げがこれらの金額を下回っている場合には確定申告を行う必要はありません。

 

2つ目は「生活用動産」を販売した場合です。生活用動産とは、衣類や食器あるいは家具など、日常生活に必要と判断される物品全般を指しています。通勤用として用いられているバイクや自動車なども生活用動産として認定されるケースがあります。こうした日常生活に必要な物品を譲渡したことによって生じる所得に関しては課税対象外と所得税法第9条1項9号で定められています。そのため、大半のケースでフリーマーケットにおける売買は非課税と認定されるわけです。ただし貴金属や宝石を売る場合には購入時の金額によっては課税対象となるケースがあるので注意してください。

 

このように原則として、フリーマーケットでの売り上げは課税対象とはなりません。しかし、フリーマーケットでの売り上げに加えて、最近ではネットオークションを活用して不用品を処分する人も増えています。このケースに関しても先述した2つのケースに当てはまる場合には課税対象外となります。ただし、販売した物品の数が非常に多い場合や、もともとフリーマーケットやネットオークションで売ることを目的として購入し、出品する場合、いわゆる転売を繰り返している場合などには、利益の金額に関わりなく営利目的とみなされて課税対処となる可能性があるため注意が必要です。